[fop-spc002]制御できる機器はどのようなものがありますか?

SafetyPowerControlでは以下の機器、製品の停止、起動を制御することが可能です。
・VMware vCenter/ESX
VMware vCenter/ESX 仮想化環境において、VMware HA を含む環境全体の停止を実行できます。

・一般のWindows/Linux サーバ
Linuxはssh経由、Windowsは対象マシンにエージェントを導入することでシャットダウンを実行できます。
(エージェントは実行時に呼び出され起動するもので、常駐するものではありません)
また、停止・再開の処理の中で、Windows/Linux サーバ上で任意のタイミングでコマンドを実行することも出来ます。

・ネットワーク機器など
SSH 接続が可能なネットワーク機器に対して、停止・再開の処理の中で任意のコマンドを実行することが出来ます。

・HP社 iLO 機能によるサーバの電源制御
HP Proliant にiLOが搭載されているものはネットワーク経由でサーバの電源をON/OFF する事が可能です。

・Wake on LAN による起動制御
Wake on LAN に対応している場合、ネットワーク経由でサーバの電源を投入する事が可能です。

・HP社ストレージ製品
StoreVirtual/HP P6000 EVA/3PAR StoreServ/HP MSA Storage のシャットダウンを実行できます。
(3PAR ServiceProcessor の停止も可能です)