[Unifier] Unifier 5.8.0 不具合修正パッチのご案内【再掲載】

平素より、当社Flex Work Place 製品をご愛顧いただき、ありがとうございます。

Flex Work Place Unifierをご利用のお客さまに、不具合修正パッチをご案内申し上げます。
ご利用のお客さまにおかれましては、ご不便とご迷惑をお掛けし申し訳ございません。

 

【対象環境】

  • Flex Work Place Unifier 5.8.0
  • Flex Work Place Unifier 5.8.0 + Unifier Cast Toolkit 1.4.0
  • Flex Work Place Unifier 5.8.0.1
  • Flex Work Place Unifier 5.8.0.1 + Unifier Cast Toolkit 1.4.0
  • Flex Work Place Unifier 5.8.0.2
  • Flex Work Place Unifier 5.8.0.2 + Unifier Cast Toolkit 1.4.0

      ※Unifier 5.8.0 の環境には、Version 5.8.0.1 および 5.8.0.2 のパッチ適用は不要です。 「PatchData_P580-190820.zip」を適用してください。

 

【修正内容】

  • Unifier 5.8.0 新規インストーラーでスケジュール設定に必要な値が挿入されない不具合を修正
  • Unifier 5.8.0 環境に Unifier Cast Toolkit 1.4.0 CastConsoleをインストールした際に、スケジュール設定に必要な値が挿入されない不具合を修正
  • Unifier 5.8.0 および 5.8.0.1 環境でPCリストがダウンロードされない場合がある不具合を修正
  • パッチ適用時に%PROOT%と%IROOT%内の読み取り専用の解除およびブロックの解除を行うように修正
  • Unifier管理コンソールに関する不具合を修正
  • 分散配布として登録したパッケージを配布する際に、通常配布として動作する場合がある不具合を修正

 

【対応手順】

以下の手順で、修正パッチの適用をお願い致します。

  1. Flex Work Place ユーザーポータル(https://www.flexwp.yrl.com/)にログインして頂き、[メディア・マニュアル]→[ダウンロード]→[Unifier]→[インストーラー]を選択し、下記修正パッチをダウンロードしてください。
          ファイル名: PatchData_P580-190820.zip
     
  2. ダウンロードしたファイルをマスターサーバー上で解凍し、フォルダ内にあるファイル『update.exe』を右クリックし「管理者として実行」をクリックします。
          実行するファイル: [解凍したフォルダのパス]\PatchData_P580-190820\unifier\update.exe
     
  3. パッチの適用はほどなくして完了します。パッチ適用後、再起動を実施してください。
    OSを再起動したタイミングで修正パッチが完全に適用されます。

 

【確認手順】

  1. Unifier管理コンソールまたはレガシー管理コンソールを起動し、バージョン情報画面を開きます。
  2. 『バージョン 5.8.0.3』と表示されていれば、修正パッチ適用作業は完了です。